Block House



神馬啓佑 個展 「My Belongings」

2017年11月18日 > 2017年12月03日
「所有物」について / My Belongings
2017.11.18 sat. - 12.3 sun.
神馬啓佑 / Keisuke Jinba
Open 13:00-20:00 Closed on Monday
Opening Reception: November 18th, 19 : 00 -21: 00


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-12-9 BLOCK HOUSE 4F
6-12-9-4F Jingumae Shibuya-ku, Tokyo 150-0001 JAPAN

ここ最近の私の作品は、所有物を描くことが多く、実際、普段から付けている日用品を 描いています。それは単に所有物が描きたいというわけではなく、おそらく所有物との間 にある「愛着」という感覚や「所有物との時間」などという「自分の経験とモノの関係や 時間」を描きたいと強く考えるようになったためだと考えています。 所有物は、その当時の趣向や時代の風潮、それから、所有者の生活レベルや立場を反映 しているものです。 所有することは、自分自身など所有者の経験と実際のモノの関係を指 し、それは時に途切れたり、深く繋がったりモノとの関係を変化させていきます。そして、 絵を描く行為は、目の前の様子をどのように考えるか、一体何を見ているのか、見えてい るものは何なのかを何度も確かめさせます。 所有物について考えることは、絵を描く行為に似ています。今回は、所有物について考 え、絵を描くことで、その所有者の現在を反映した肖像に近いものになるのではと考えています。

My Belongings
I often draw my belongings these days. In fact, I draw what I always wear or have around me. It is not that I simply want to draw my belongings. Probably I draw my belongings because I came to think hard about my desire to draw “relationship between my experience and my belongings and time we spend together,” that is to say, the sense of my “attachment” to them and “time with them”.
Belongings reflect the taste and the trend of the time, level of living and the position of the owner. Act of owning means the experience of being an owner and the actual relationship with the thing, which changes as the relationship interrupts now and then and then reconnect in a deeper sense. And the act of drawing let you make sure of how you think what is happening in front of you, what you are looking at, and what appears to you, again and again.
Thinking about your belongings is like the act of drawing. I believe I can make something that is similar to a portrait that reflects the current condition of the owner through thinking about the belongings when drawing the pictures.

1985年愛知県生まれ。2011年 京都造形芸術大学大学院 芸術研究科表現専攻修了。
展覧会 2016年 「肉とヴェール 清田泰寛 神馬啓佑 二人展」(京都芸術センター、京都)「VOCA展 現代美術の展望-新しい平面の作家たち-」(上野の森美術館、東京) 「架設」(京都精華大学 対峰館、京都)2015年「塑性について」(Division、京都) 、(N-mark、愛知) 「まぼろしとのつきあい方」(Galerie Aube、京都)「眼球に近い面」(東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス、京都) 2014年「THE MIRROR」(名古屋商工会、東京)など